近距離引越しは単身パックが1番安いってホント? » 未分類 » 引越し先でのインターネットの手続きについて

引越し先でのインターネットの手続きについて


引越し先でのインターネット関連手続きは、新居が戸建住宅なのか集合住宅なのかによって異なるケースがあります。まず戸建住宅ですが、インターネット環境が整っていない可能性が大ですので、新たに回線工事を行わなくてはいけません。

 

契約するプロバイダサービスを選定し、早めに工事の予約を申し込んでおくことで、引越し先でいつまでもインターネットが利用できないといったトラブルを回避することができます。

 

なお、この回線工事は予約がいっぱいになっていることもあり、混雑が予想されますので、引越しが決まると同時に必要な手続きを完了させておきたいところです。遅くとも引越しの1ヶ月前に予約をしておくと、引越し先ですぐ回線が使用可能になる可能性が高いでしょう。

 

次に集合住宅に引越すケースですが、戸建住宅とは異なり、インターネット環境が用意されていることが少なくありません。その場合には回線工事を行わなくても良いのですが、不動産会社やマンションの管理会社に確認すれば、環境の有無はすぐに分かるでしょう。

 

また、現状で使用しているプロバイダサービスを引き続き利用するのかどうかによっても、引越し先での対応は変わってきます。継続利用の場合はインターネットから引越し手続きを行えば、新居でもそのままサービスの利用が可能です。

 

反対に新居では別のプロバイダサービスを利用するということでしたら、現在契約中のプロバイダとは解約し、借りているモデムを返却しなくてはいけません。解約のタイミングやモデムの返却期日などは各プロバイダで決まっていますので、しっかりと確認して早めに行動しましょう。

 

近距離引越しは単身パックが1番安いってホント?(TOP)

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿